輪廻の元へ第一巻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者: (◇柚海*ゝ∀O*艸)♪)◆Mw9em79sDc 



「凛音・・頑張って下さい・・・僕はいつも見てます」
「骸・・・輪廻の先から・・私を見ててね・・」
「勿論です・・いつも見てますからね・・凛音」

此処で話したのは神社だった・・だから別れは神社

「此処が・・骸の消えた場所・・か・・」
神社のあたりを見回って見ると木影に誰かいた
「誰か居る・・誰だろう・・」
と言って近づいてみた
「此処で何してるの・・私の好きな場所で・・」
「ん・・?誰かな?」
「私は・・凛音だけど?あなたは?」
「私?・・・羅衣斗ですw」
「此処で何してたの?」
「昼寝だよ!暇なんだ~・・;;」
「へー・・」
「私この神社がすきなのwだって・・落ち着くしそれに」
「それに・・?」
「此処は私の兄が姿を消した場所・・だから・・」
「(私と同じだ・・気があいそうかも・・・)」
「・・・あのさ私と旅?に付いてかない?」
「いいね!楽しそうだしw一緒にいこうじゃないの!」
「・・・これからヨロシクね・・」
「勿論w」



「そういえば・・羅衣斗・・貴方の夢って何なの?」
「え!?私・・?えーと・・んーと・・」
「・・・・(何故悩む)」
羅衣斗は真剣に悩んでいる・・悩むほどではない夢なのに
「あ!そうだ!私はね色んな敵を退治したいクエストになることかなw」
「へぇ・・・良い夢だと思うよ・・」
「ありがとw凛音はどうなの?」
「私・・?」
このとき凛音はパパッと思いついた
「私はね巫女になって兄を助けることだよ・・」
と・・とんでも無い事を言ったのかもしれない
「・・・・・凄い!!良い夢持ってるじゃん!!」
「・・・・えっ・・?」
凛音はキョトンとした顔だった
「お互い夢をかなえようね!約束だよw」
「うん」
このとき思った私は、『この子が私の本当の友達だ』
と・・・