無題第一巻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者: 闇◆O26DrwBaeY



「姉さん・・昔の過去のこと、覚えてる?」
「ッ・・・・・」
いきなり体が震えた・・・
「昔のことは・・・いわないで。」
「ごめんなさい。。」
そういうと、むこうのほうから薄い影が見えた。
「フッ・・・。君の過去を見せてあげようか?」
謎の男がいった。
「いやだ・・!!!やめて・・!!!見たくない!!!」
過去を思い出して、体がとても震えていた・・・



??「フッ・・やはりな・・・・。」
シュッ・・・ 一瞬にして目の前が暗くなった
凛「・・・・・・。」
いまだにまだ、体は震えていた・・。
彩音「!!??ここは、姉さんいた前の学校!!」
凛「はっ!?いやだ!!!!過去なんて・・・過去なんて・
    • 思い出したくもない・!!!」
??「ちゃんと見ろよ・・自分の過去を」
どこから声がするのか分からない・・・・。
なぜこんなことをするのか・・凛にも分からなかった



??「さぁ、いまから過去のはじまりだ・・フッ・・」
そういうと不気味な声とともに消えていった
凛「うっ・・・。」ガクガク
友達だったはずの子の名前は穂乃香。

穂乃香「凛~一緒にかえろー♪」
凛「いいよー♪」
そこにでていたのは、昔の自分だった。
穂乃香「勉強はどう?私は、結構 順調だよ♪」
凛「私はまあまあかな・・。」
穂乃香「じゃあまた明日、学校でね☆」
凛「うん!!!!また明日。」
そういって穂乃香と別れた・・・。いじめがあったのは、その次の日。。

~次の日~
凛「おはよ~☆穂乃香!!!!」
穂乃香「・・・・・・・・・。」
無視されて穂乃香はほかの友達と喋っていた。
凛「穂乃香???」
穂乃香「なんかよう??」
凛「どうしたの?穂乃香・・?私、なんかした?」
そこにいたのは冷たい目をした穂乃香だった。
穂乃香「別に、あんたがうざいだけ・・。」
凛「・・・・ッ!!!!!」
私は、無意識に教室をでていった
穂乃香「クスッ・・いい気味。」
私は、屋上に行った・・・。
凛「なんで?私、なんかした??」
なぜか分からない・・・涙がぽろぽろと溢れ出してきた・・
凛「穂乃香・・友達だったのに・・ウッ」
顔がぐちゃぐちゃになるほど泣いた・・。