The moon illuminats第一巻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:優雅◆2L2o5KjPOg



夜空にちりばめられた星屑が輝く―――・・・。
静かな闇の中に足音が鳴り響いていた。

「待てぇ!クソガキ!!!」

いや、どちらかというと静かというより少し騒がしい。
俺の手いっぱいに持っているパンやりんごやらの食べ物が
少しずつ零れ落ちていく・・・。

俺は今世間で言う泥棒というものをしている。

でも生きるためには仕方がない。
どんなに汚れたことをしようと、それは

生きるため―――・・・。

人間の本能を簡単に表しているだけのこと。
そうすべては・・・


気高く、美しく生きるため―――・・・。