※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タガノゲルニカ
芝ではさっぱりのブライアンズタイムだがダートではまだまだ健在。ひさびさに生粋のブライアンて感じで、ここぐらいはサクッと通過できる器、使いすぎの疲労はあるが、それは切れたときにドバッと出るんじゃないかな、ここも強い

マイネルボウノット
前走本命にしたように充実度はかなり、極端にスピードを要求される馬場でなければここも崩れないが、抜けるほどには強くないので相手次第

ヒシアトラス
デビューから殆どを買っているように、素質は高い、単一ペースの競馬ならかなり強いが緩急に弱く、叩き合いは本質向かないが自分より弱い馬なら問題ない
前走ストレス抜けて相手弱化でベスト条件、ここはゲルニカが強さ見せるレースだと厳しい

ワイルドワンダー
前走は芝からの臨戦と絶好調ルメールも手伝って素晴らしい勝ち方、ここで抜けて強いとは思わないが圧勝による高揚感は高い、馬場が不良とかになるとワンペースになりさらに有利、揉まれるといまいち、緩急もイヤだがそこはルメールがうまく乗りこなしそう。単穴という感じか、底は深くない馬だと思うが、勢いが大事な馬で、一気の頂点はある。

メイショウサライ
走り始めると強い相手にも怯まないし、マーベラスな脚の無さはダートでカバーのバランス高い良い馬。ここもかなり走ると思うし、勢い重視の新興勢力が人気になりすぎ、自分から動きすぎるなら、精神面も併せ持ったこの馬は相対的に有利、内枠ベスト、ただ根岸なら鉄板なのに何故前残りの多いこっちか、ゲルニカが前を潰し切れれば二着の可能性高く、すれば本番も楽しみ。

バーミリオン
ダート適正はそれなりなんだろうが、基本は弱い相手、淡々としたペースに強い馬。前走は恵まれすぎの圧勝で、ここは内枠引けば揉まれておしまい。外枠で武が揉まれず乗って三着あるかもな馬で、まあ人気を願う。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。