綾刻

名前:綾刻(あやとき)
種族:ディアルガ(♀)
身長:169cm
一人称:拙者
二人称:君
好き:家族、鍛錬
苦手:頭を使うこと
おや:ナギクサ
胸囲 体力 知力 社交性 成長性
A A E A E
※ A(超スゴイ)、B(スゴイ)、C(一般的)、D(ニガテ)、E(超ニガテ)



シンオウ朝廷左大臣。
が創り出した分身の三柱が一つ。

大臣三姉妹の長女であるが精神年齢が幼く、
頭も悪く事務仕事ができないので普段は遊びまわっている。
だが神の分身であることには違いなく、その能力は本物である。

時間を操る能力を持ち、指定した範囲の加速・停止・逆行等の時間という概念における事象の操作を可能とする。
が、アホの子なので誰かに指示されなければその能力を有用に使うことはできない。

剣術の達人であり、能力に関係なく剣技のみで時空を歪め、無数の斬撃を同時に繰り出し、刹那の間に外敵を切り刻む。

ちょくちょく姪のポッチャマと共に騒動を起こすため、
妹の呼珠は後始末に負われている。

最強の剣士として名が通っており、
直弟子に妹の呼珠月影
他に千流の師匠やクレールがいる。
また、彼女の技を極意に落とし込んだものが霧雨流剣術の[燕返し]である。

添付ファイル