スニェーク


名前:スニェーク
種族:スワンナ
出身:ライモンシティ(の外れ)
性別:♀
年齢:24
身長:170
バスト:H

好き:踊ること・クラシック音楽
嫌い:マスコミ・無責任な人

海上劇団モアニケアラのバレリーナ。
優雅に舞台を舞う美しきプリマ。
愛称はスニエ。

+来歴(長いので圧縮)
幼い頃よりバレエの才能に開花。天才バレリーナ少女として一躍有名になる。
ライモンやヒウンの大舞台で異例の若さで主役を飾るなど華々しい活躍をする一方、まだ幼い心への負担もまた比例して大きくなっていった。
プライベートもないほど殺到するマスコミ。
ファンらに囲まれろくに外に出ることもできない日々。
同年代の友人などもできるわけもない孤独の中で部屋と練習場の往復。
少女には大きすぎる結果を常に求められる過度な期待と重圧。
全ては彼女が生まれ持った輝かしい翼を奪い去るには十分な重荷であった。
結果として彼女は無理な練習で足を痛め、精神的な負担もあり怪我が治った後も踊ることができなくなってしまった。
マスコミ・ファン・両親、皆が彼女に勝手な期待から失望し翼を失った白鳥は瞬く間に居場所を失った。
ゆえに彼女は自分の全てであったバレエに別れを告げ、誰も自分を知らない場所・・・アローラの地へ旅立った。
緩やかに時が流れる南国の地でただ静かに安らぎに身をゆだねていた。

そんな彼女は一つの運命的な出会いを果たす。
海上劇団モアニケアラである。
歌に芝居、奇術・・・そして踊り。
舞台の上で美しく舞う踊り手、それを見つめる観衆の笑顔。
それらは彼女に「ただ踊るのが好きだった頃」を思い出させるには十分であった。
いつからだろう。ただ好きだった踊りが負担になっていったのは。
いつからだろう。本当に好きだったものと向き合えなくなっていったのは。
最後の幕が下りた後も席を立つことができなかった彼女の瞳にはうっすらと涙が浮かんでいた。
彼女、いや「踊りを愛する少女」に山吹色の紳士が歩み寄り話しかける。
「私の劇団はすべての子供たちに笑顔を届けるためにある。」
「それはもちろんかつて子どもだった者たちも、さ」
「君のかつての踊りを知っている・・・だが私はあんな目をして踊る姿は見ていられなかった。」
「今の君の瞳の輝きは・・・あぁ、あの時とはまるで違うね。とても綺麗だ。」
「君さえよければ、また舞台に立ってみないかい?」
「かつてのように華々しい舞台ではないが、「期待する者たちの」ではない「君の」踊りを。」
「私は見てみたいんだ。君の踊りに魅せられた人々の笑顔を、君が舞台で見せる最高の笑顔を。」
彼の手を取る彼女の笑顔はもう苦しみも迷いもない晴れやかに澄み切っていた。
―幸せの白い鳥は淀みを抜け大空へと優雅に飛び立った

モアニケアラ加入後、同じように幼少から舞台に立ってきたアウリイと意気投合し親しい仲となる
ただ好きな歌を歌い続けた少女、ただ好きだった踊りを踊れなくなった少女。
同じ舞台に至る経緯は違えど惹かれあうものがあったのだろう。

ほぼ常に翼型耳当てのヘッドホンを身に着けている。
舞台では衣装の一部として雑音をカット。
普段は趣味と教養としてクラシック音楽を聴いている。
舞台で使う音楽の予習や品定めもしているらしい。


~気高き白翼よ、湖面に輝く華となれ

圧倒的柔軟性とバランス感覚

表現力

+由来
絵茶で突発的に生まれた。
スワンナ→白鳥→白鳥の湖→バレリーナと安直な発想。
名前の由来はロシア語で雪。ロシアはバレエ、雪は白い翼と白鳥から連想する冬の景色、清廉さのイメージから。
深夜に全部思いつきでぱぱっとできたわりには気に入ってる子である。