SS・3スレ目-002

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

75 :元ID:EMOQUHO00:2006/02/07(火) 00:23:13.47 ID:XaoKLwBa0
ガニメデ「お嬢様はお洋服を選ばれるのに少々お時間がかかられる様子・・・
     お庭のほうにお茶の用意がございますのでご案内いたします。太陽殿」

太陽「うん。ありがとガニメデさん」

ガニメデ「・・・ときに、太陽殿。お嬢様が居られないのも良い機会。
     折り入ってお願いしたきことがございます」

太陽「ん、あらたまっちゃってどうしたんですか?」

ガニメデ「お嬢様のことです。・・・実はあの事故の傷・・・まだ癒えてはいないのです」

太陽「あの事故・・・・・・!! SL9!?」

ガニメデ「左様でございます。
     あの事故によりお嬢様は心身ともに大きな傷を・・・
     特に心の傷は・・・気丈なお方ゆえ、普段は人前に見せませんが・・・」

太陽「・・・・・・それで・・・僕にお願いゴトって?」

ガニメデ「難しいことではございません。微笑んでいていただきたい。
     今までと変わらずその輝きによってお嬢様の心の傷も癒される
     でしょう。」

太陽「・・・・・・」

ガニメデ「アナタといる時の木星お嬢様の朗らかなお顔・・・アナタだけが
     お嬢様を・・・!!」

76 :元ID:EMOQUHO00:2006/02/07(火) 00:24:03.23 ID:XaoKLwBa0
太陽「・・・・・・聴け。ユピテル家に仕えし、ガリレオ衛星が一人ガニメデよ・・・・・・」

ガニメデ(・・・凛と通る澄んだ声・・・・・・コレが・・・太陽殿の、もう一側面・・・・・・)

太陽「俺は全てを輝すためにココに在る。
   彼女一人を、照らし続けるワケにはいかないんダ」

ガニメデ「勿論です!なれど、不安なのです。
     はっきりとその口からお聞きせねば・・・どうか!」

太陽「・・・・・・顔を上げてくださいガニメデさん。約束します、
   僕のこの命尽きるまで全てのモノにこの輝きを与えることを・・・」

ガニメデ「太陽殿・・・・・・」

木星「お待たせー!太陽。ん、ガニメデ。目が真っ赤よ?」

ガニメデ「そ、そうでございますか?いや、なんとも・・・」

木星「あー!太陽!!
   あんた、シリアスモードでガニメデ、いぢめたんぢゃないでしょうね?」

ガニメデ「お、お嬢様。決してそのようコトは!!」

木星「まぁいいわ。ガニメデ、私にもお茶をいただける?ん、なによ太陽。
   ジロジロこっち見て」

太陽「あ、い、いやなんでもないよ。あー・・・そうだ今日はいい風が吹いてるよね」

木星「クスクス、おかしな太陽ね。・・・そうね。
   今日はとってもいい風が吹いてるみたい・・・」

ガニメデ「・・・・・・・・・」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内