SS・3スレ目-009

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 17:59:53.72 ID:D+9594TO0
冥王星「あ、あの!木星さん!お、お話があります!」

木星「あら?冥王星さん。何?話って」

冥王星「も、木星さんは太陽くんのことをどう思ってるんですか!?」

木星「た、太陽ですって!?べ、別にあんなヤツどうとも思ってないわ!」

冥王星「やっぱり・・・。わたしの思ったとおりだ。
     木星さんは太陽くんのことが嫌いなんですね・・・」

木星「へっ!?い、いえ、嫌いというわけではないけど、その、あの・・・」

冥王星「嫌いじゃないんですか!?本当に?」

木星「ええ、本当よ」
     
冥王星「なーんだ、わたしの早とちりだったみたいですね!よかった!」

木星「ええ、わ、わかってくれればいいのよ。
   でも、どうして私が太陽を嫌ってると思ったの?」

冥王星「だって、木星さん、太陽くんにはいつも冷たく当たって、
     あんたの為じゃないんだから!とか言ってるから、てっきり・・・。
     だから、太陽くんの良さを伝えなくちゃって思って・・・
     あ、良さと言っても人としての良さといいますか、
     決してそれ以上の邪まな考えではなく・・・えっと」


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 18:00:15.11 ID:D+9594TO0
木星「あなたが何を言いたいかは大体わかったわ。
   ・・・認めたくないけど、それは、私の性格のせいよ。
   むしろ、私は太陽を・・・って何言わせるのよ!」

冥王星「?」

木星「と、とにかくあなたの思ってるようなことはないわ。安心して。
   話って、それだけ?」

冥王星「はい!安心しました!それじゃ、わたし行きますね!さよなら!」

木星「・・・あの子、時々よくわからないわね。
   はっ!まさか、あの子なりの宣戦布告なのかしら!?
   だとしたら、やられたわ・・・。
   第一ラウンドはあなたの勝ちね。冥王星さん」

   その頃・・・

冥王星「よかった♪木星さんが嫌ってなくて。
     自分の好きな人が誰かに嫌われるのはやっぱりイヤよね!
     って、わたし何を言ってるの大声で!恥ずかしい////」

・・・きっとどう転んでも太陽は苦労する。南無。

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内