SS・3スレ目-030

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木) 20:46:18.54 ID:fMmi/UGN0
太陽「おいーす」

水星「………よ」

太陽「今は鬱モードかぁ……
   お前って、どうしてそんなに感情の起伏が激しいんだ?」

水星「………さぁ……誰の何で、だろう。
   まぁ……熱過ぎて寒過ぎる………お前のせい」

太陽「どうみても俺のせいです。本当にすみませんでした」

水星「……………」 太陽「……………」

水星「でも……まぁ、この性格が、今の仕事に役立ってるから、いいかも」

太陽「そういや、何してんの?」

水星「楽器演奏………とか」

太陽「何の?」

水星「全部」


775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木) 20:46:55.36 ID:fMmi/UGN0
太陽「マジかよ……」

水星「歌ったり……曲作ったりも……する」

太陽「水星、実は凄いんだな……」

水星「まぁ……普通……。
   曲の雰囲気で……性格変えて演奏したりできる……から…」

太陽「へ?お前感情コントロールできたの!?」

水星「一応、ちょっと……だけ」

太陽「……これまた意外な」

水星「そんな訳で……この性格もそれなりに気に入って……る。
   太陽………ありがとう(ニコッ」

太陽「ちょ、おま、、、その表情!!??」

努力してもダメな事って、あるよね…。

778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木) 20:56:47.36 ID:fMmi/UGN0
×月▽日

 太陽が来た。
                  ――ある日の水星の日記より

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内