SS・3スレ目-034

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木)23:07:54.04ID:fMmi/UGN0
金星『もしもし、天王星?あたし、金星』

天王星『おお、金星殿。如何したでござるか?』

金星『あんたんちにさ~、確か五右衛門風呂だったわよね?』

天王星『そうでござるが…』

金星『ダイモスがさぁ、五右衛門風呂の実物を見てみたいって言ってるんだけど、
   明日の夜言ってもいいかしら』

天王星『歓迎するでござる』

金星『OK~、じゃ、また明日ね』

─────────────────────


806:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木)23:08:14.05ID:fMmi/UGN0
天王星「ふはあ~~~~、やっぱりお風呂は五右衛門風呂に限るでござるな~。
    この、釜底からジワジワと温められてる感が、何ともいえないで
    ござる~~」

ダイモス『ええ~~っ! お風呂に入るの~~!?
      ただ見るだけだって言ってたじゃん~!!』

金星『いいからいいから、五右衛門風呂に入れる機会なんてそうないんだから!
   ほらほら、ちゃっちゃと脱ぐ脱ぐ♪』

ダイモス『わあ~~~~!!じ、自分で脱げるよぉぉぉ!!』

天王星「金星殿~、ダイモス殿~何してるでござるか~?早く来るでござるよ~」

金星『今行く~』

─────────────────────

808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木)23:09:00.77ID:fMmi/UGN0
ザブ~~~ン

ダイモス「へー、これが五右衛門風呂かぁ~~~。
     この下からジリジリ来る感じが何ともいいね~~~(ハニャーン」

天王星「お、このジリジリ感が分かるでござるか!流石はダイモス殿!!
    やっぱり、お風呂は五右衛門風呂でござるよ~」

金星「ダイモスは、なんで五右衛門風呂なんかに興味を持ったの?」

天王星「『五右衛門風呂なんか』とは失礼でござるな…」

金星「まぁまぁ、気にしない気にしない」

ダイモス「んとねー、ゲームでねぇ、五右衛門が"かまゆで"刑で処刑される
     場面があったの。そんな刑に使われるようなお風呂って、
     どんなのかなぁって思ったんだー」

天王星「むむ、それは何とも残酷なゲームでござるな」

ダイモス「あ、でもねー、五右衛門は助かるよ!五右衛門かっこいいよね~」

天王星「…そうでござるな。五右衛門は私たち忍者の憧れでもあるのでござる」

金星「さって、それじゃダイモス、体でも洗おっか」

ダイモス「うん」

─────────────────────

810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/09(木)23:09:22.32ID:fMmi/UGN0
金星「ダイモスはここに座っててね」

ダイモス「あれ? ボクの分のタオルと石鹸は??」

金星「いいのいいいの、おねーさんが洗ってあげるから☆」

ダイモス「あ、ありがとう~」

ゴシゴシ ゴシゴシ

金星「じゃ、今度はこっち向いて」

ダイモス「ええぇ~~っ!い、いいよっ!前は自分で洗うよぉ~~~っ!!」

金星「おねーさんの言う事は聞かなきゃダメよ?」(金星、ダイモスの前に回り込む)

ゴシゴシゴシ

ダイモス「あ、ソコは本当にいいよっ!!
    あ、ちょっと、ダmあwせdrftgyふじこ」

金星「ほら~、あばれないの~☆」

天王星「フフフ、相変わらず金星殿とダイモス殿は仲が良いでござるな~」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内