SS・3スレ目-037

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

841 :冥王星とカロン(1/3):2006/02/10(金)00:19:37.00ID:Sgl6GM3b0
冥王星「・・・あと卵とベーキングパウダーと、あっ、生クリームも買わなくちゃ」

カロン「お姉ちゃん、本読みながら何ブツブツ独り言いってるの?」

冥王星「んーちょっとね。
     わたしこれから買い物に行ってくるね」

カロン「? わかったー」

冥王星「夕方までには帰ってくるから。 いってきまーす♪」

カロン「いってらっしゃーい。」

・・・・・・

カロン「お姉ちゃん何の本読んでたんだろ。
    ちょっとくらい見たっていいよね・・・」


『チョコっとLOVE ―気になるカレを射とめるチョコの作り方― 』


カロン「・・・・・・。
    なんか、お姉ちゃんらしいと言えばお姉ちゃんらしいストレートな
    料理の本。。
    バレンタイン近いもんね。きっと太陽君にあげるんだろうなぁ。
    私も義理でいいからあげた方がいいのかなぁ・・・」


842 :冥王星とカロン(2/3):2006/02/10(金)00:20:10.12ID:Sgl6GM3b0
~~~~~~カロンの妄想~~~~~~


カロン「あ、あの、太陽君!」

太陽「ん?」

カロン「こ、これ・・・。
    義理なんだけど、一生懸命つくったから太陽君に食べてほしいな、、、」

太陽「・・・ごめん。それは受け取れない」

カロン「!?」

太陽「俺、義理じゃなくてカロンちゃんの本命がほしいんだ」

カロン「・・・じゃ、じゃあ、今から本命あげる・・・///」


そして、夜の街へと二人の影は消えていくのであった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


843 :冥王星とカロン(3/3):2006/02/10(金)00:20:52.67ID:Sgl6GM3b0
カロン「って、これじゃ私が太陽君のこと好きみたいじゃない!
    それに最後の部分!! まるでエ、エ、エッ(ry ///
    あーーーー、しっかりしなさい、カロン!
    あなたはそんな子じゃ無いはずよ」

冥王星「ただいまー、財布忘れちゃった~。
     ・・・カロン、一人で騒いでどうしたの?」

カロン「お、お姉ちゃん!? べ、別になんでもないよ」

冥王星「あ、もしかしてカロンそれ読んだのー?」

カロン「あ、、、
    お姉ちゃんごめんなさい! 勝手にお姉ちゃんの本読んじゃって」

冥王星「もう、私はそんなこと気にしてないよ?
     それよりも一緒に買いもの行こ☆」

カロン「あ、うん。。。」



―― 私もチョコっと作ってみようかな




オチが微妙になってしまったorz
自分のクオリティ低すぎ

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内