SS・3スレ目-044

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/10(金) 14:36:50.23 ID:RPZHI7PS0
太陽「なあ、ちょっと相談に乗ってくれないか?」
タイタン「何故私なのだ?」
太陽「同世代の男って少ないじゃんか。」
タイタン「む。それもそうだな。私でよければ相談に乗ろう。」
太陽「たまに・・・自分が自分でない時があるような気がするんだ。」
タイタン「・・・」
太陽「言ってる意味、わかるか?」
タイタン「つまり・・・二重人格なのか?」
太陽「そうなのかも知れないが・・・」
タイタン「自分が自分でなくなる・・・」
太陽「ああ。もう一人の自分でも中に居るような気がするんだ。」
土星「それなんて遊戯王?」
太陽「うわっ!?ビ、びっくりした!」
土星「水臭いよ太陽君!悩みなら私にも相談してよ!」
太陽「いや、なんかこんな事で悩むのって女々しい気がして。」
タイタン「確かに女性に悩み相談というのは情けない気がするな。」
土星「それって男尊女卑じゃないのー?ぶー!」
タイタン「すみません><」
土星「とにかく!もっと私も頼りにしてよぅ。私達が悩んでると相談してって
   言うくせにさ!それはずるいわ。」
太陽「・・・それもそうだな。」
土星「そうよ。困ったときはお互い様。私だって頼りになるんだからぁ。」

以上。おそまつさまでした

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内