SS・4スレ目-022

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

580名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/02/14(火) 00:05:51.72 ID:ztrEm4xf0
ハレー 「ふ~ん、それはそれは災難だったねぇ」

太陽  「災難っていってますけど、言葉と顔があっていないのは
     私の気のせいですかねえ(苦笑)

ハレー 「いやいや、場面が想像できるからねえ(笑)
     かわいい土星ちゃんからチョコもらえるって事で
     浮かれていたんじゃないの?」

太陽  「浮かれて・・・・ってそりゃうれしいですけど。
     浮かれているかはともかく、
     あんなものが入っているとわかっていなければ
     簡単に口に入れる訳ないじゃないですか(苦笑)」

ハレー 「私は知っていたから、まず口に入れないけどね。」

ガ二メデ「私も土星さんがここに来られましたから・・・」

太陽  「二人して・・・(苦笑)」

ハレー 「まあ、口に入れたものは仕方ない。
     君をからかった侘びも兼ねて、一杯おごるよ。
     ガニメデさん、お願い。」

ガニメデ「かしこまりました。」
581名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日: 2006/02/14(火) 00:06:08.00 ID:ztrEm4xf0
ハレー 「で、とりあえずここに来たのは口直しのため?」

太陽  「試食したの?って聞いたら、
     『ガニメデさんのお墨付き』もらったっていうんで・・・
     ちょ~っとそこんところの話聞きに来たのですがねぇ~(怒)」

ガニメデ「大丈夫?と強い勢いで聞かれ、食べてないのに「えぇ」と・・・
     その流れで土星さんがお墨付きと勘違いしたのが実際でして。
     ・・・ああ、せっかく直した店ですので勘弁してください(泣)」

ハレー 「まあ、『恋は盲目』というから土星ちゃんは責めちゃいけないよ。
     ガニメデさんにしたっても、太陽にわざわざ伝える必要ないし。
     私のおごる一杯で勘弁してもらえないかな?」

ガニメデ「お待たせしました。これがハレー様からの品です。」

太陽  「まあ、そうなんですけどね・・・
     確かに過ぎた事ですし、仕方ないですね・・・
     ・・・・うっっ!
     ハレーさん、これってホットチョコじゃないですか!」

ハレー 「まあ、一連の話知ってたから、君がここに来るのも判っていたからねえ。
     時期も時期だし、私がこんな事するのはまれなんだから、
     味わって呑みなさい(笑)」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内