SS・5スレ目-002

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

47名前:まだブラックホール付近投稿日:2006/02/16(木)22:40:09.36ID:/1ceN3v50
太陽「トリトン!命綱もっと丈夫なのにしてえええ!」

トリトン「マスターの意向によりビニール紐以外は使用できません」

太陽「いやこれ滑るし!手痛いし!誰か助けて!」


ガニメデ「ではこれより「惑星達による太陽の処遇決定会議」を開催いたします」

「司会は及ばずながらこの私、ガニメデが務めさせていただきます」

水金地火木土海天冥「はい!」


暇だったので書いた 反省は(ry
誰か適当に続きよろ

55名前:続き書いてみたよ投稿日:2006/02/16(木)23:05:40.72ID:/1ceN3v50
ガニメデ「では確認させていただきます。
     昨日未明、太陽様は皆様より頂いたチョコレートを海王星様特性の
     冷蔵庫に保存したにも関わらず、全て蒸発させると言う失態を
     犯しました」

    「太陽様は黙っておられましたが、語り部・セドナ様からの証拠写真付きの
     報告より今回の一件が露見したと言う訳です」

水星「もう信じられない」
金星「人の気持ちをなんだと思っているのよ!」
地球「(´;ω;`)」
火星「全く男の風上にも置けぬ奴だな」
木星「何で食べ物抱えたまま寝るのよ!」
土星「頑張って作ったのに・・」
天王星「拙者のシチューも消えたでござるか。しかし拙者は夜中に…いや」
海王星「冷蔵庫返してもらわなきゃ」
冥王星「・・・・・・」

ガニメデ「・・まあ皆様一口ずつは食べて貰えたのでしょう(と言うか土星様のは
     全部食べられなさそうですし)」

水星500度「だが乙女の心を踏みにじるのは許せねえええ!」
ガニメデ「水星様落ち着いてくださ・・熱っっっっ!」

ガニメデ炎上

65 名前: 太陽の運命やいかに[>]投稿日:2006/02/16(木)23:31:14.81 ID:/1ceN3v50
太陽「もうだめだ・・手がしびれる・・吸い込まれる」
トリトン「マスターから通信が入りました、中継します」

海王星「・・でこいつは私がブラックホール付近へ転送して、
     今こんな感じになっているわ」
ガニメデ(冷却中)「流石は海王星様。では皆様こちらのスクリーンをご覧下さい」
水星(-200度ガニメデ冷却中)「ふん、いい気味よ」
海王星「何か言いたい事あったらこのマイク使って」

太陽「あれ?これみんな見てるの?頼む誰かたすけてくれー!」
火星「いい機会だ、己の心根を鍛えなおす鍛錬になる。暫くそうしていろ」

太陽「「たんれん」どころじゃなくて寧ろ「れんたん」だよこれ、死ぬよこれ!」
金星「それ上手い事言ってるつもりなの?」
地球「ごめんねあんまり面白くないよ・・」
冥王星「え、でもちょっと面白・・ううんやっぱ駄目駄目!」

太陽「ごめんなさい!俺が悪かったです!だから許して!」
天王星「許しを乞うのであればもっと反省の態度を見せるべきでござるよ」
海王星「少なくともそんなみっともない格好で言われてもね・・」

太陽「いやこんな状況で態度と言われてもそれ何処ろじゃないし!」
木星「・・あんたなんかもう知らないんだから!」

太陽「あ、ちょっとズボン吸い込まれ・・」
トリトン「マスター、自主規制により映像を一時遮断します」

ぷつっ

木星「・・ばか/////」

72名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2006/02/16(木)23:39:21.95ID:kRW0lBin0
>>65

水星 「(・・・カッコ悪)」

金星「(いい年こいた男の生足なんて見たくないわよ・・・。
   どうせならもっとホラ、可愛いコの・・・)」

地球「(見えちゃった! ちょっとだけ見えちゃったよキャーッ!)」

火星 「(鍛錬が足らんな)」

土星 「(ズボン脱げちゃったら寒くないかなぁ?)」

天王星 「(ふむ・・・なかなか・・・)」

海王星「(思ってたより貧相ね・・・。なにか薬でも作ろうかしら)」

冥王星「(でもやっぱりちょっとだけ面白かったよね、
    「たんれん」と「れんたん」・・・くすっ)」

78名前: 1/2投稿日: 2006/02/16(木) 23:53:53.78 ID:/1ceN3v50
トリトン「通信を再開します」
太陽(トリトンにより下半身モザイク処理)
   「はあ・・色んな意味で死ぬかと思った」

ぷちぷちっ

太陽「って紐切れかけてる!」

ガニメデ「流石にこれは少々危険なのでは・・」
土星「た、太陽さん・・いま助けに行く!」

「!?」

火星「止めろ!お前も巻き込まれるぞ!」
土星「太陽さん死んじゃうよ!」
金星「あんな奴なんかの為にわざわざ行く必要ないじゃないの」

土星「でもね、私太陽さんがいない間に一杯考えたの。
   変なおじさんに追いかけられたりしてとっても怖かった時があるの」
  「そしたらふっと太陽さんの事思い出しちゃって・・」
  「やっぱり太陽さんがいないなんて嫌だよ!」

「・・・」

79名前: 2/2投稿日: 2006/02/16(木) 23:55:56.84 ID:/1ceN3v50
木星「あんな奴・・あんな奴」
地球「でも太陽がいないと地表のみんなが困るし」
天王星「人間誰しも失敗の一つや二つは経験するものでござろう」
火星「あいつは最低だ・・なら私が鍛え直してやる」
冥王星「だよね、やっぱりいなきゃ困るよね!」
水星「・・・やっぱいないと、ね」
金星「み、みんながそういうなら助けてあげても構わないけど~?」

ガニメデ「決定したようですな」
海王星「トリトン、太陽を救出しなさい」
トリトン「把握した」

太陽「みんな・・・有難う・・ごめんよ」
木星「良いからこっちに来るまでにズボンはいておきなさいよ!」


以上で一応完結です 失礼致しました。・

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内