SS・5スレ目-008

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

200名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2006/02/18(土) 06:28:33.27 ID:cthw7iaS0
ハッブル「・・・ときに、だいち殿。撮影、うまくいったらしいですな」

だいち「僕なんかまだ駆け出しですけど、今回はよく撮れたかと」

ハッブル「ちと拝見・・・街中を歩く地タマたんのふくらみを、アップで撮ったわけか・・・」

だいち「地タマたんをモデルに狙ってましたから。バレるかとドキドキもんでした」

ハッブル「まぁ最初はこんなもんかなぁ。俺ならもっと上手く撮れると思うけど」

だいち(っく!! 何様なんだコイツ。同じ街撮り野郎のクセに偉そうに・・・)

ハッブル「そうだ、俺の秘蔵の一枚をお見せしよう。参考にしたまへ」

だいち(!? コレは・・・火星たんの街中歩き・・・全身を正面から抑えている・・・
     こんな人通りの多い道で真正面から撮るなんて、アタマおかしいのか・・・
     しかし、コチラに目線もらってないってことは・・・モデルである火星たんに
     気付かれていない・・・その為、自然体の彼女の雰囲気がよく出ている・・・
     しかも、普通に歩いてる火星たんの下半身がぜんぜんブレてない・・・
     コンマ数秒のズレも許されない正に・・・ベストショット・・・!!)

ハッブル「それはなかなか苦労した一枚かな・・・フヒヒ」

だいち「ハッブルさん・・・いや、師匠。今日から師匠と呼ばせていただく」

ハッブル「まぁキミも精進したまへよwww」

だいち「フヒ、フヒヒ」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内