SS・7スレ目-016

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

320 :未知の石 ◆Ge3.12Az1w  :2006/03/21(火) 09:42:43.40ID:9yEEZZsQ0
  あー。ストップかw
  みんな、おはよう~。


 ガニメデ「お嬢様。朝の紅茶のご用意が出来ました」

  木星「ありがとう。すぐ行くわ」

321 :未知の石 ◆Ge3.12Az1w :2006/03/21(火) 09:58:50.10ID:9yEEZZsQ0
  (特に続き考えてなかったんですが…)

 ガニメデ「おや。お早うございます。土星様もお目覚めですか」

  土星「おはやぅぅ…」

  ガニメデ「お泊まり楽しかったですか?
      すごくはしゃいでたから、起こさないでと言われてましたが」

  土星「紅茶の匂いした…の…」

  木星「あら?土星も起きた…寝てる?」

  ガニメデ「お嬢様、お早うございます。
       紅茶の匂いでお目覚めになられたようです」

 木星「結局はテーブルで寝ちゃってるじゃない。
    起きたって言わないわ、これじゃ」

 土星「ガニメデさんが…執事の仕事してる…むにゃ」

  ガニメデ「なっ!?」

 木星「ぷっ。ガニメデはマスターってイメージついちゃったわね」

 ガニメデ(前から、執事の仕事してるところ、ごらんになってるはずなのに…)

  木星「じゃぁ紅茶を…ガニメデ?拗ねてる??」

  ヲチ弱ス


《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内