ショートストーリー3

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その12

太陽「・・・でさ、結局ただの勘違いだったんだよw」

海王星「なにそれw・・って、あれ?土星じゃない?」

太陽「あ、ほんとだ、なにしてんのかな?おーい、土星ー!」

土星「ん?あー、太陽くんに海王星ちゃん!どしたのー?こんなところで」

太陽「いや、それはこっちのセリf・・・おまえ、なに食べてんの?」

土星「これ?これはねー、木星ちゃんちのガニメデさんにもらった!」

海王星「ああ、そういえばガニメデさんがお土産だって昨日ウチにも持ってきてたなぁ」

太陽「ふーん、どこに行ってたんだ?」

海王星「さあ?聞かなかったから。ねえ、それどんな味?
    わたしまだ食べてないのよ」

土星「んーとね、んー、一言で言うと、テラアマスwってカンジ!食べればわかるよ!」

海王星「ふーん、じゃあ、一口・・・パクッ。・・・ほんと!テラアマスwってカンジ!」

太陽(なんだろう?この気持ち・・・バカにされてる気がする・・・)

土星「太陽くんも食べるー?」

太陽「・・・(はっ!)い、いや俺は遠慮しとくよ」

土星「?・・変な太陽くん」

太陽「ああ、ちょっと用事思い出した。悪いけど、行くよ」

海王星「ちょっと、どうしたの?急に・・・」

土星「じゃあねー!」

 ――――――――――――

 太陽宅前

太陽「まあ、バカにされてるなんて気のせいだよな。
   ふぅ、馬鹿馬鹿しい。あとで海王星たちに謝っとかなくちゃ」

太陽(ん?ポストになにか入ってる。手紙と・・これはお菓子?ガニメデさんからだ。何々?)

『拝啓、太陽様 お嬢さまがいつもお世話になっております。先日、お嬢様の小旅行に御同行した際、
とても面白いものを見つけたので皆様に食べて頂きたくお土産とさせて頂きました。  敬具 』

太陽「面白いもの・・・このお菓子のことか。えっと、「新感覚!アマテラス☆クッキー!」・・・」

太陽(ああ、やっぱりバカにされた訳じゃないな。ただの駄洒落だもんな。うん、そうだよ。)

木星「あ、いたいた!太陽!ガニメデからのお土産食べた?なんかさー、「きっと面白い感想が聞けますよ」
   なんて言うもんだから、気になっちゃって」

太陽「ん?うん、ちょうど今から食べるところだよ。パクッ・・・・」

太陽(・・・・テラ・・・アマス・・)

木星「・・ちょっと!なんとかいいなさいよ!」

太陽「!ああ、おいしかったよ。ガニメデさんに伝えてくれるかな?
   「今度、あなたの為だけにフレアをしにお訪ねします」って」(超笑顔)

木星「なによそれ?意味わかんないわよ。まったく!こんなことだろうと思ったのよ。
   来て損した!まあいいわ。伝えとく」

 ――――――――――――

 木星邸

木星「――だって。どこが面白いのよ!確かに伝えたからね!」

ガニメデ(これは・・・少しおふざけが過ぎましたかな・・・)

木星「ちょっと!聞いてんの!?」

ガニメデ「ええ。それよりお嬢様、しばらくの間休暇を頂きたいのですが」

木星「?なによ、いきなり。珍しいわね、あなたがそんなこと言うなんて」

ガニメデ「申し訳ありません。・・・もう少し長生きしたいので」

木星「?まあ、いいわ。しっかり休みなさい。
   あなたが自分から言うってことは、よっぽど疲れてるんでしょ?」

ガニメデ「ありがとうございます」

ガニメデ(さて、急いで仕度して、カイパーベルト辺りに身を隠すとしましょう・・)

 ――――――――――――

冥王星「あれ?木星さんのところの執事さんじゃないですか。
    こんな遠くまで来て、どうしたんですか?」

ガニメデ「ご無沙汰しております、冥王星様。
     ・・少し自分の人生を振り返ろうかと思いまして・・・。
     しばらくこの辺りにお世話になります。はははっ」

冥王星「は、はぁ」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内