SS・9スレ目-023

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

158 :名無し戦隊ナノレンジャー! :2006/08/02(水) 22:17:10
  フォボス「ダイモス!ダイモス!しりとりしよっ」

  ダイモス「んぁー、いいよー」

  フォボス「しりとり!」

  ダイモス「りす」

  フォボス「スイス」

  ダイモス「すいか」

  フォボス「………Σ(・∀・)!!」

  ダイモス「お姉ちゃん、『か』だよ『か』」

  フォボス「ダイモス、夏と言えば?」

  ダイモス「どうしたの、急に。それよりお姉ちゃんのば」

  フォボス「黙らっしゃい!いいから、夏と言えば?」

  ダイモス「海?」

  フォボス「海と言ったら?」

  ダイモス「すいか?」

  フォボス「すいかと言ったら?」

  ダイモス「すいか割り?」


159 :名無し戦隊ナノレンジャー! :2006/08/02(水) 22:18:33
  フォボス「さっすが我がシモベ!以心伝心ね!!」

  ダイモス「シモベなんてあんまりだょぅ…。
       で、すいか割りがどうかしたの?」

  フォボス「………これ、なーんだ?」

  ダイモス「ちょwwwwwいつの間にwwww
       で、そのすいかを割るんだねぇ」

  フォボス「そうよ。
       ダ イ モ ス の 頭 に 載 せ て ね」

  ダイモス「!!」

  フォボス「金星さ~ん~」

  金星「はぁい(°∀°)ノ」

  ダイモス「!!!!」

  フォボス「や っ ち ゃ っ て 下 さ い」

  金星「まっかせといて!」

  ダイモス「ぅ、うわぁ~~~!!」

160 :名無し戦隊ナノレンジャー! :2006/08/02(水) 22:20:46
  ダイモス「ぉぉぉ、お姉ちゃん!
       こ、こ、これ、本当に危ないってばぁぁぁぁぁ!!」

  フォボス「私を信じなさい。一撃必中、すぐに楽になるわ…」

  ダイモス「そ、その台詞なんか違うっ!」

  金星「大丈夫よぉ、ダイモスぅ。
     お姉さんもついててあ・げ・る?」

  フォボス「男なら、さっさと覚悟決めるの!
       行くわよぉ……」

  フォボス「URYYYYYYYYY!」
  ダイモス「うわ~~~~~っ!!」


161 :名無し戦隊ナノレンジャー! :2006/08/02(水) 22:22:29
  ダイモス「…………ぅ、うーん………。ここは、一体……?
       ま、まさか天国!?」

  金星「あ、ダイモス、おはようw
     寝顔も可愛かったなぁ」

  ダイモス「金星さん!?
       ここは一体どこなんですか?ぼくはどうなったんですか!?」

  金星「う~ん、多分天国かな? 私もよくわからないけどw」

  ダイモス「え”!?
       …………せめて、せめて死ぬ前にスペランカーを256周したかったよぉ」

  金星「な~んてね。ここは私んちだよ」

  ダイモス「! ひ、酷いじゃないですか!!!
       本当に死ぬかと思ったんですから…」

  金星「ごめんごめん。お詫びにイイことしてあげるから……」

  ダイモス「金星さん……な、なんで近寄ってくるんですか!!
       あっ、ちょっと、ソコ……金星さん、やmくぁswでrfgちゅいおp…!!」


  フォボス×ダイモス×金星を書きたくなって、ついカッとなってやった。
  今は猛烈に反省している。


《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内