SS・9スレ目-032

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

220 :1/2 :2006/08/19(土) 14:45:49
  カロン「冥王星」

  冥王星「お姉ちゃんを呼び捨てにしない!」

 カロン「だまれ!私は惑星だ!もはや貴様を姉と呼ぶ理由もないわ!」

 冥王星「そんな!今まで仲良くやってたじゃない!」

 カロン「ああ、今までは貴様の周りを回っているという間違った認識が
     あったからな!」

 冥王星「それが私たちの今までを否定することになるっていうの!?」

  カロン「貴様に騙されていたも同然だ!」

  冥王星「じゃあ、どうしろっていうのよ!」

  カロン「私を解き放て!私は惑星だ!」

 冥王星「私はカロンと離れ離れになるなんてイヤよ!」

 カロン「さらばだ、冥王星。このカロン、公転するのに惑星の手は借りぬ!」

  カロン「我が自転に一片の悔いなし!!!」

  冥王星「カロンよ、あなたは最愛の妹だった…」

221 :2/2 :2006/08/19(土) 14:47:17

 冥王星「…っていう夢を見たの。笑っちゃうでしょ」

 太陽「…冥王星、もののけ姫と北斗の拳好きだろ?」

  冥王星「!!」
    (ま、まさか太陽君、心が読めるんじゃ…。はっ!私の気持ちにも
     気づいてるの!?
      そんな…そんな…想像しただけでぬ…)

  太陽「どうしたの?ボーっとして」

 冥王星「な、なんでもないの!じゃあ、さよなら!!」

  太陽「あいつどうしたんだ?」

 カロン「お姉ちゃんの頭の中がお花畑だってことは把握した」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内