ショートストーリー11

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その25

<コトの始まり>

金星「…太陽君、どうしたの?」

太陽「あぁ、金星か…俺、もうダメだ」

金星「な、何言ってるのよ」

太陽「ダメだ…レポートが終わらねぇ」

金星「なぁんだ。何かと思ったら」

太陽「ひでぇなぁ。コレ、終わらないの大問題だぜ」

金星「確かにね。ねぇ、何をまとめてる…」

太陽「金星の受けてる授業じゃないんだよ」

金星「そっか。分からないや。ごめん」

太陽「謝るなよ!…俺こそ、愚痴ばっかりで悪い」

金星「私は役に立てないけど。図書室行ってみたら?
   資料はあるし、気分が変わっていいかもよ」

太陽「そうだな。ちょっと行ってくるか」

金星「ほらー。時間は残り少ないわよ!
   いっていらっしゃい!」

太陽「はいはい。いってくるよ。ありがとう」

金星「もぉ。…ありがとう、か」

<図書室>

かちかちかちかちかちかちかちかちかちかち…

冥王星「太陽くん…」

太陽「あぁ?…っと、冥王星!ごめん!考え事してたから!」

冥王星「(ちょっと怖かった…)
    あのぉ。ペンを"かちかち"するの、止めた方がいいよ」

太陽「うわっ。いつもの癖。悪ぃ悪ぃ」

冥王星「しーっ。…困ってるみたいね」

太陽「レポート。やっぱ、勉強は性に合ってないや。ダメだなぁ俺」

冥王星「た、太陽くんは、ダメじゃないもん!」

冥王星「ごめんなさい。大声出しちゃって…」

太陽「そ、それは俺のセリフだよ。
   あんな風に言ってくれて、まぁ、ちょっと嬉しかったけど」

冥王星「でも、私のせいでレポートが!
    それじゃ、お手伝いさせて。レポートのお手伝い」

太陽「え??」

冥王星「太陽くんの都合が悪いなら…」

太陽「って言うか、まず冥王星は家が遠いだろ?もう帰らないとまずいじゃん」

冥王星「そ、それじゃぁ!分からない所があったら、ケータイにかけて!
    コレ番号!」

太陽「悪いよ。…でも、そう言ってくれるなら聞いちゃうかも。
   じゃ、コレ。俺の番号」

冥王星「ありがとぅ。ずっと起きてるから、いつでもかけていいよ。いつでも…」

<翌日のランチ>

地球「た、太陽君!!」

太陽「ふぁ~~~ぁ、地球、何?」

地球「あのね!これ!!」

太陽「ん?お弁当…」

よみがえる悪夢。

太陽「あー、また今度頂く…」

地球「今日はリベンジなの!
   この間は嫌いな物知らなかったから、迷惑かけちゃった。
   今日こそなの」

太陽「…。じゃぁ、とりあえず中見せて?」

地球「…(こくり)…」

太陽「おー、おにぎりか。自信ありそうだしな。じゃ頂くよ。
   いただきまーす」

地球「…どう?」

太陽「うまい!この塩加減!ちょうどいいよ!!」

地球「良かったぁ。お塩は自信があるのよ」

太陽「でも、具が欲しかったな。食堂で味噌汁頼んでもいい?」

地球「…(こくり)…」

<土星だった場合(ショートストーリー9、その21改変)>

太陽「ふぁ~~~」

土星「どうしたの、太陽くん?」

太陽「徹夜でレポート書いてたから・・・こんな陽気な日に
   ベンチで昼メシ食べたら眠くて…」

土星「うわぁ。大変だったねぇ。土星だったら徹夜無理。寝てるよぉ」

太陽「うん…ダメだ少し、寝る…」

土星「ちょ!…太陽くん? もぉぉ~」

太陽「すぅ・・・すぅ…」

土星「…太陽くんの寝顔、かわいー…。それに…太陽くん、暖かい…」

太陽「うーん、むにゃむにゃ…っ!!!!!い、今何時だ!?」

土星「うーん、むにゃむにゃ…っ?んん?」

太陽「あぁぁぁ。二人で寝ちゃってるし。午後の講義、始まってんじゃん。
   この時間からじゃ入りにくいなぁ…土星は大丈夫なのかよ?」

土星「えーえー。んー、多分」

太陽「多分って…。ま、しょうがない。もうちょっと日向ぼっこするか」

土星「うん♪」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内