SS・1スレ目-001

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/01(水)10:33:25.45 ID:h9wtgzsC0
恥を忍んで書いてみた

太陽「あんたたち、目障りだからあまり私の目の前をうろちょろしないでくれる?」

惑星ども「・・・・・」

太陽「だいたい、水星なんて私の目の前でグルグル廻っちゃって。
   ストーカーじゃないの?」

水星「そうか、太陽は俺たちのことそんな目で見てたんだな。
   確かに、俺はお前のことを一番近くで見ていた。
   でもな、それはお前が俺にとって必要な存在だったからだ。」

太陽「えっ?い、いまさらそんなこと言われたって・・・。
   だって私のこと散々"あいつは大きいだけ”とか、
   "ホクロでかいよなwwww"とか言ってたじゃない!
   どれだけ傷ついたかわかってんの!」

水星「確かにはじめはそうだった。
   でも、いつのまにかその大きなカラダも、そのえっちなホクロも
   全てが俺にとってかけがえの無いものになっていた・・・・。
   でも、君が僕のことをうざいと思っているのならしょうがないね
   ・・・・俺は出て行くよ。」

太陽「えっ?そ、そう・・・。い、いいわよ、早く出て行きなさいよ。」

水星「じゃあね。最後に一言いわせてもらうよ、
   "you aremysunshine!"あばよ!」

太陽「ちょ、ちょっとまってよ!そんなのってずるいよ・・・・・。」

水星「・・・・」


つづく

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内