SS・1スレ目-009

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

951:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/03(金)13:30:49.02 ID:D8vZEMhf0
天王星「ニンニン!」

火星「!なんの!!」

天王星「やるでござるな、火星殿」

火星「フッ、よく言う。本気など出しておらんくせに」

天王星「バレてたでござるか」

火星「ああ、必殺の鉄アレイ投げをしてこないからな。すぐわかった」

天王星「だが、それはそちらも同じでござろう?」

火星「!・・・やっぱりあんたはすごいな」

火・天「・・・・・・・・・・」

952:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/03(金)13:31:12.66 ID:D8vZEMhf0
天王星「・・ときに・・・、ご飯にするでござる」

火星「フッ、そうだね。そうするか・・って、しまった、飯を忘れた」

天王星「そんなこともあろうかと二人分用意してきたでござる」

火星「!・・さすがだね。ありがたくもらうとするよ」

天王星「遠慮は無用でござる。はい、これが火星殿のぶん」

火星「ありがとう。ん?これは?」

天王星「ちくわでござるよ。この世で一番うまいでござる」

火星「・・・・・・・・・・・」

953:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/03(金)13:31:47.34 ID:D8vZEMhf0
火星「ところで、天王星はどうして忍になろうと?」

天王星「理由でござるか?
    んーむ、あまり考えたことがないからわからないでござる
    強いて言えば、やりたいと思ったからでござる」

火星「それって・・辛くなったりしないか?」

天王星「自分のやりたいことをやってるのにどうして辛くなるのでござるか?」

火星「い、いや、その通りだね。うん、あんたの言うとおりだ」

天王星「どうしたでござるか?ニヤニヤして。似合わないでござるよ?」

火星「う、うるさい!さ、続きをはじめるよ!」

天王星「今度は手加減しないでござるよ?ニンニン」

火星「望むところだ」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内