メニュー3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Win32 APIを使うとなると、どうしてもHSPでは使われないようなC言語の知識が必要になる部分が出てきてしまいます。この『データ型(data type)』もそういったものの1つです。

データ型とは、データの性格や数値の表現範囲などを規定するためのものです。すなわち、データのサイズや符号の有無、データが変更されるものかどうかを規定します。HSPでは符号付き32ビット整数と文字列の2種類だけですが、C言語では多くの型が存在します。

まず、Cの世界では最も基本的な型として以下のものがあります。(32ビット処理系の場合)

添付ファイル