メニュー4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • リスト

モンスターハンター



  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索 『==モンスターハンター == 』(Monster Hunter)は、カプコンから発売されたハンティングアクションゲーム、及びそのシリーズ作品。



目次 [非表示]

1 概要 2 世界観 2.1 ハンターの武装 2.2 ハンターの防具 2.3 その他 3 シリーズ 3.1 モンスターハンター(MONSTER HUNTER) 3.2 モンスターハンター G(MONSTER HUNTER G) 3.3 モンスターハンター ポータブル(MONSTER HUNTER PORTABLE) 3.4 モンスターハンター i(MONSTER HUNTER i) 3.5 モンスターハンター 2(MONSTER HUNTER 2) 3.6 モンスターハンター ポータブル 2nd(MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd) 3.7 モンスターハンター フロンティア オンライン(MONSTER HUNTER Frontier) 3.8 モンスターハンター ポータブル 2nd G(MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G) 3.9 モンスターハンター トライ(MONSTER HUNTER 3) 4 メディアミックス 4.1 ゲームドラマ 4.2 小説 4.3 トレーディングカードゲーム 4.4 漫画 5 脚注 6 関連項目 7 外部リンク


[編集] 概要 プレイヤーは“ハンター”となり、村や街で依頼を受け、特定のモンスターの討伐・捕獲やアイテムの運搬・採取等の様々な「クエスト」に挑む。時には身の丈より巨大な武器を振り回し、時には小回りの利く武器で狩猟対象を翻弄しながら、巨大な“飛竜”を始めとするモンスターを狩り、クエストを達成していく。ゲームクリアとなる具体的な最終目的は用意されておらず、クエストの成功報酬や狩猟したモンスターから素材を得て自分の装備を強化していき、より手強いモンスターと戦う事が主な目的となる。

成長要素としての「レベル」等は存在せず、キャラクターの動作そのものは、プレイヤー自身の鍛錬によって向上させるしかない。また「職業」のような区別も設定されておらず、所持品の中から自由に持ち替えられる武器によって操作方法や攻略方法が大きく変化することで、様々な遊び方を選択できる。武具の性能に関しては、プレイヤーからの批判やゲームバランスをもとに、シリーズやバージョンごとの修正が行われている。

“巨大な生物と対峙し、狩る”という考え方に拘った描写にオンラインによる共闘などの要素を絡め、『○○の生態』といった生態紹介CG映像も記録されているなど、「狩猟」をテーマにした独特な世界観を持ち、この作品を題材とした小説を始め、フィギュア、ドラマCD、トレーディングカードなど展開されている(詳しくは下記を参照の事)。

元々は有料のオンライン専用ゲームとして開発が進められていたが、オンライン専用では売れないという風潮から急遽オフラインでも遊べるモードが付け足されたという経緯がある。クエストやモンスターを始め、オフラインでは入手不可能なアイテムなどの格差が存在する。『モンスターハンターポータブル』シリーズでは、携帯ゲーム機対応という事もあり、オフラインプレイを前提とした環境やシステムが整備されたほか、ネットワーク接続が無料となっている。

頻繁な追加クエストの配信を始め、『電撃PlayStation』、『ファミ通』などのゲーム雑誌とのコラボレーションも恒例で行われている。主に、雑誌名を冠したイベントクエストが配信され、報酬で得られるゲーム内アイテムにより特別装備が作れるという形式をとっている。

通称は「モンハン」、記述する際には「MH」が多い。なお、この項目で用いるシリーズの便宜上の略称は以下の通りにする。

「モンスターハンター」→「MH」 「モンスターハンター G」→「MHG」 「モンスターハンター ポータブル」→「MHP」 「モンスターハンター ドス」→「MH2」 「モンスターハンター ポータブル2nd」→「MHP2」 「モンスターハンター フロンティア オンライン」→「MHF」 「モンスターハンターポータブル2ndG」→「MHP2G」