ノン・リムボアール


聖刻などの魔力を吸収する能力をもつ大剣。
ギルダル・ドアーテ・ムーンナルの得物、紫の魔剣として、西方全土の操手たちを震え上がらせているが、本来はニョーン軍神と一騎打ちを繰り広げた巨人ギルダール・ドアーティの蒼い魔剣である。
巨人の手にあるとき、あるいはギルダール・ドアーテ・ムーンナルが敵を人知を超えた脅威と判断したとき、ノン・リムボアールは真の力を解放し、剣身より蒼い輝きを放つ。
対になる操手用の剣としてノン・ゼモボアールが存在する。