黄金の軍団


ダカイト・ラズマ帝国の第13の軍団。
帝国の目的を果たすために障害となる強力な聖刻器や超常の存在を滅ぼすことを任務とする。
筆頭はジャオカ家の公子カイザーン・デオ・ジャオカ?旗操兵ギルダル・ドアーテ・ムーンナルである。


筆頭   カイザーン・デ・オジャカ 
側近   ナルエグ
暗殺者 バシール
死の王 ネグマッツ
拳士   ルードレン
密偵   セトル