ミッデン・ソードレジア


古の時代、西方北部のニョーンの地で、巨人と死闘を繰り広げた軍神の手にあった銀の聖剣。
邪悪の力を探知し、それを打ち払う能力をもつ。強力な呪縛に捕われた人間であっても、この剣の輝きによって正気を取り戻すことができるという。
同名の操手用の剣も存在する。
エミルアダカイト・ラズマ帝国に滅ぼされるまでは、剣聖ガ・デン・ナーグ卿のパルダ・ブロードに装備されていた。
西方暦紀元837年の時点ではズィエン・マル・ゾーラとその操手アントレー・クナグの得物となっている。