八聖家 (はちせいけ/プル・デ・カーカサス)


東方聖刻教会において、設立当初からたゆまぬ信仰と共に聖刻教?の発展に多大な貢献をしてきた八つの名家のこと。
法王庁?教務団?聖刻騎士団など教会組織の重職を担う。

なお、実際には取り潰されたり、新規に参入した家がある。


既に取り潰された家


編集履歴