※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人々の心のよりどころ、生きるための道筋を照らすものである。各々があがめる神によって、戒律、加護も様々である。
西方のほとんどの宗派は聖刻を穢れたものとし、操兵に触ろうともしないし見るのも嫌なようである。しかし、低位の階梯の者で操兵団を結成しているところもある。
扱う術は招霊衡法系と気功?系に大きく分けることができる。