ゾーン・マギシーナと対をなす反身の長剣。あらゆる物を絶ち斬る聖刻器である。
しかし、その真の力は聖刻をはじめとする超常の力を打ち消すものであり、これが制魔の剣の異名を得ている所以である。だが、剣が認めた戦士の血を継ぐ者でなければ、その力は発動しない。
四操兵の記ではマルウェル・イル・ルクーツ?ベイラ・アロウ・ルクーツ?が振るった。
後にダカイト・ラズマ帝国が発掘・回収し、ロート・ブレイドゥの手に渡った。ロートの死後、ソルカが所持した。
この剣は独自の意思があるのか、認めた所有者以外が触れると抵抗するが、デイル・フスリマクスティスの伝記では剣が機能していないようである。少なくとも、デイルとソルカを所有者として認めていないようである。

編集履歴