呪操兵 (リュード・イム・ダーサ/ワーダー/ヴェルダ)


東方?においては「リュード・イム・ダーサ」、西方においては「ヴェルダ」と呼ばれる、練法師の専用機。練法を増幅する機能を持つ。

人型に留まらない異形の機体が多く、仮面も一枚とは限らない。仮面は質の高いものが使用され、術者の持つ仮面と対になっている故に呪操兵は完全な専用機となる。当然門派?も固定されている。

製造技術は東方聖刻教会のみが保有し、西方工呪会は外装の交換程度しかできない。

聖刻1092/聖刻群龍伝における呪操兵


練法を使用するための機体であり、基本的には格闘戦は行わないため、武器は持たず機体強度も低いとされているが、一部の機体には狩猟機すら凌ぐ格闘能力を持つものもある。

ワースブレイドにおける呪操兵

手先が器用であるというだけで、構造は狩猟機とまったく同じ。
仮面の質がかなり異なるため、素体根の成長する形状も異質なものとなる。複数の腕や副面を持つのは、素体根がそのような形状を持つからである。
なお、西方の呪操兵は全て古操兵