ハイダル・アナンガ


大師ダム・ダーラの乗る、黒?に属する八の聖刻の一騎である秘操兵?。位は<黒き王>。
 およそ2500年前、北方?において八聖者?(の転生体)の乗る八機神との死闘の末、聖なるホーマの樹?の下に封印された。
 あらゆる力を己のエネルギーに変換する能力を持つ。現在は真・聖刻が外されているが、面齢四千年を越える仮面には強烈な自我が存在しており自律行動が可能。<狂王><黒龍王>ハイダル?が聖刻化した存在である。
 その武器である黒の剣は、エル・ミュートに対抗する邪剣。
 別名「リュード・ムレ・オーム」(黒き操兵)。「アナンガ」は「肉体のないもの」の意。

装備

  • 大鉈
  • 黒の剣
  • 長盾

イラスト

  • 第1部6巻