※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

獣機(じゅうき)


1.黒の眷属


操兵に<黒き操兵>の血液である<黒き血?>を注入することで生まれる、自意識を備えた異形の機械。<聖龍大戦?>末期、巨神族陣営の操兵に対抗するため、龍?陣営が投入した兵器。敵操兵を<黒き血>により操手ごと乗っ取れるため、極めて効率的な兵器であると言える。

<黒き血>によって各種能力が増幅される他、ハイダル・アナンガと同レベルの驚異的な自己再生が可能で、血を全て焼き尽くさない限りその活動は止まらない。。


2.従兵機


初期の従兵機を獣機と呼称した。


3.騎獣の変異体


騎獣に長期間獣操ノ仮面?を被せることによって皮膚を硬質化させ、また追加外装を施したもの。操兵に近い破壊力を持つ。

仮面の支配に長期間耐えられる巨大昆虫?が獣機化することが多く、操兵を上回る攻撃力を持つこともある。

野生化すると二度と人間の支配を受け付けない。