※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西方工呪会従兵機
狩猟機並みの基本性能をもつ高性能機。
脚部の出力が高く、高速での移動や驚異的な跳躍が可能。
さらに操手槽の機密性が高く砂中や水中でも行動ができる。
ウルオゴナ?との戦争でマハート・キメル?が孫のクリシュナ?に与えた部隊で使用され、最終的にオズノの戦い?グルーンワルズ傭兵騎士団?と一機(ドナ機)を残して相打ちになった。


代表的な操手

すべてクリシュナ隊の隊員。