グリッド・パイカー

西方工呪会の最高傑作ともいえる従兵機
機体の格ではガレ・メネアス以下でありながらアズ・キュードに匹敵する性能を達成した。
西方暦832年に製造が始まったばかりでまだ機体の値段はかなり高いが、量産が進めば本来の機体の格に見合った価格までコストダウンが確実とのこと。

SPE      6          必要操手レベル    2
POW     6          気闘法修正値     -
ARM     5          仮面ランク       H
BAL      5          仮面同調チェック値  8
機体ランク  I          EGO値         -
機体耐久度 35

参考;ワースブレイドエクスパンションセット2「西方の書2」