陽門?
その紋章に太陽をいただく門。光・熱・爆発などの現象を引き起こす術を主に使う。物理的には最大級の破壊力を秘められた門である

金門
その紋章に剣と槌をいただく門。金属に魔力を与え、自在に操る術を主に使う。低位では金属そのものを操作する術が多いが、高位の術ではそれが次第に創造・破壊に直接関わる高度な術に変わっていく。

火門?
その紋章に炎をいただく門。炎を使った破壊的な術を主に使う。そのため、低位から破壊的な術を備えているが、創造的な術はすくない。

木門?
その紋章に捻れた木の杖をいただく門。植物・虫などを操る術を主に使う。また、木は生命を象徴し、同時に生命によって起こされる病や毒などに関わる術も使うことができる。高位の術では、死者の復活や生命あふれる者から命を奪う恐るべき術もあるという。

月門
その紋章に三日月をいただく門。闇や人の心を操る力や幻術を主に使う。高位の術では時間の流れを操るものもあるという。

風門
その紋章に流れる風をいただく門。空気と風、そして気象を操る術を主に使う。高位の術では天候を操り、天変地異を引き起こすことさえ可能だという。

水門?
その紋章に雪の結晶をいただく門。水を操り、火門とは対を成す術を主に使う。高位の術では大河の流れを変え、大海の水を自由に操るなどの強力な力を発揮する。

土門?
その紋章に大地をいただく門。土や石を操る術を主に使う。この門の恐ろしいのは、死を操るところにある。この場合の死は、木門の扱う力とは正反対の負の生にあたるものである。