西方暦750年頃、工呪会が試験的に製造した攻城兵器版従兵機。
城壁や門を破壊するため、狩猟機で言うところの頭の部分に巨大な衝角を備えている。
しかし深い堀で囲まれた城や、格闘戦がまったくできないことからすぐに製造中止になった。