※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マリエール

830年代に試作されたジング・マリエルの後期型。南部大戦に投入された。
やはり試作機ではあるが、かなりの数が製作され、名のある乗り手に渡されたと言われている。
従兵機にして、狩猟機なみのパワーと敏捷性を持ち、かなりの種類の武器を使いこなす器用さも持ち合わせる。
それだけに、なみの従兵機とは比較にならない操縦の困難さがあり、それがこの機体を普及させない要因になっている。

主な操手