マルガル・チト・キデン


ダカイト・ラズマ帝国のキデン家の当主でもあり、デグマト・ドラゴナスの司教でもある。
「黒衣の魔女」「黒竜の巫女」等と呼ばれることもある。

彼女はラズマ氏族の祖である古代人の生き残りであり、はるか昔に起きた(神の策謀による)ラズマ氏族の祖達と新た台頭してきたアハル人達との争いの生き残りである。
ラズマ氏族の祖達が争いに敗れた際、当時少女であったマルガルは一人の戦士<デール>に拾われ、彼により様々な知識と技を伝授される。
戦士<デール>の死後に神より神託を授かり、長き時を動かず、あるいは眠り、過ごし生きていく。

長き歳月の果てにラズマの末裔と合流し、彼らを導きダカイト・ラズマ帝国建国に貢献する。


注1:戦士<デール>に拾われてから戦士<デール>が死ぬ(老いによる病死)までの期間、マルガルの外見的成長はほとんど無く、古代のラズマの祖はかなりの長命だと思われる。

注2:マルガルは神の庇護の下、長期の眠りにもついて時期があったため、本来の寿命よりも長命なのかもしれない。

注3:この項の神とはデグマト・ドラゴナスの事を指す