ミ・デス・アバルの誓い

託宣戦争をソダー・マイナンが調停役としてマバディ島を3分割し、不戦を誓った。
背景にはマバティ島北部(ボーンズ地方)に住むラズマ氏族が崇めるデグマト・ドラゴナスが不吉な意味を持っていることを理由として、両派の怒りの矛先(争いの原因や敵宗であることを理由として)を変えたことによる。

不戦の宣誓を行った場所がマバディ島南部のミ・デス・アバル地方だったために「ミ・デス・アバルの誓い」と呼ばれるようになり、その場所を聖地とした。

領土は神聖ペガーナが西部、聖拝ペガーナが東部、南部は緩衝地帯として功績をたたえられたソダー王が拝領している。(北部は永久凍土と高い標高のため居住には適さない)