※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖拝戦争

神聖ペガーナを信仰する国々が、聖拝ペガーナを信仰する国々に対して改宗を迫ったために起きた戦争。
聖拝最大勢力のリンデン王国がリアン法国とバリアン神国によって滅亡している。

このときにマバディ島の勢力やペガーナ教会はミ・デス・アバルの誓いにより直接参加はしていないが、北部地域の聖拝派の排除をもくろんで暗躍していたと思われる。

この戦争は560年から632年まで続き、滅亡した国家は少なかったものの、その勢力を大きく減じた国家は多い。