※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソルティルの虐殺

北部平原東部の小都市ソルティルにある神聖ペガーナ分教会が、異端宗教であるノゴース・ペガーナとの嫌疑をかけられ、教会および小都市ソルティルまでもが人々も一緒に火刑により消された事件。

異端審問会議「デ・モンプレル」の審問官ザラン・キーズセイルがソルティルへ派遣され、異端であるという審議の結果をだした。
これにより分教会の司祭および助祭を全員火刑に処したが、ソルティル市民はこの結果に対してザラン・キーズセイルに猛烈な抗議をした。
ザラン・キーズセイルはこれを見て、市民をも異端と断定してガナン・カラル神聖騎士団の派遣要請をした。

ガナン・カラル神聖騎士団が到着後、1刻を経たずして小都市ソルティルと市民は火の中に消えた。