ガナン・カラル神聖騎士団

神聖ペガーナが異端を追求するために立ち上げた異端審問会議「デ・モンプレル」の下部組織である。

彼らは宗教上の力もあいまって、操兵の軍団をも恐れさせる集団である。
一人一人が高位の伝道師であり、剣技にも優れた人物だけで構成されている。
この騎士達を従えた異端審問官の権力は王権さえも及ばないといわれる。
彼らを命令できるのは、崇める神々と神聖ペガーナの教皇のみである。