※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖拝ペガーナ

ペガンズ八柱神を崇める宗教の一つで、北部を除く全域で広く布教されている。
マバディ島を本山として、東部のミ・デス・アルバ末妹国を治めている。
僧侶は気功法を使い、地域の奉仕も積極的なために、人民の支持も非常に高い。
聖拝ペガーナも神聖ペガーナと同じく自己の宗教以外を認めていない。

一説によれば、過去の聖拝戦争を含む神聖ペガーナとの分裂・対立抗争は聖拝ペガーナを南に置き、スカード島を監視するために神聖ペガーナと合意で行われたものらしい。
しかし、これを知る者は極僅かである。