黒の僧正ヴァルダ・カーンが聖刻化する前の姿。
黒龍族の一体。別名「黒炎龍」。古代において巨神族の王フェンと戦い、その
炎で深手を負わせるも、自らも右腕を切り落とされる。