※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真・聖刻


八の聖刻のみが仮面に持つ、決して破壊できない永遠不滅の65個目の聖刻石。真・聖刻こそが八の聖刻の本体とも言え、これがある限り八の聖刻は不滅であり、機体がどんなに細かく破壊されようともやがて再生する。
白は巨神族の、黒は黒龍族の強者が死した後に、その亡骸を聖刻の戦士として再構成した際に当人の記憶や精神を宿したもので、生み出された当初は生前と同じ精神を持っていた。しかし、あまりの長きに渡る終わりなき闘争の果てにその精神は変質し、現在では相手を滅ぼす事のみしか考えなくなっている。

真・聖刻(ゲーム)

スーパーファミコン用ゲームソフト。
盗賊団ラウドリオン?(咆哮する獅子)の頭タグマ?の息子として育った主人公シフォン?は盗賊団の壊滅と、カルヴァレー王国の王女ミシェルダとの出会いを機に、中原?を股にかけた冒険に旅立つことに。それは《八の聖刻》の一つ《白き騎士?バルチサス?の探索であり、それを狙う練法師たち《聖輪八門?》との戦いの始まりでもあった。

ノベライズとして「疾風駆ける戦野?(かぜかけるせんや)」上下巻と、前日譚「熱き風猛き思慕?(あつきかぜ たけきおもい)
」がある。執筆担当は神代創?