※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖剣エル・ミュート


かつて巨神族の勇者フェンが愛用していた大剣。フェンが戦死して聖刻の戦士として再構成された際に、それを姉のジュレミィ?が後の時代のために作り変えた。元々のエル・ミュートは操兵用として、今後人間として転生を続けるフェンのために対となる操手用の物も作られた。
八の聖刻に対抗するため強い力を持っており、同じ目的で作り出されたプレ・ヴァースキン?アル・ス・レーテ?と併せて三聖剣と呼ばれる。