モーマン国


人口6千。国王ミクル・ロコス?。首都モーマ。
西方暦621年、シルン国マーガス聖王国から抜けた人々がつくった小国。当時、シルン国は国力を伸ばすため人民に重労働を課しており(新ルーハス王朝との緊張関係が原因)、それに耐えかねた者たちがつぎつぎと国を離れていった。そのときできたのが、このモーマン国とシアンデルフ国である。
その後、シルン国がこの国の成立を黙認したのは、マーガス聖王国の牽制に利用できるためと、位置的に見てニニ国家群から自国を守るのに適当であったためである。

出展:「ワースブレイドシナリオ/サプリメントブック2【魔王の復活】」