ドル・ギ・バルミ

クウル(マナリアード・ボーズル・ロックラン)の部下、バイガン?クタ・ウルナ奪取のために搭乗していた狩猟機。バイガン?クタ・ウルナに取り込まれてしまったため、探索者の一人、テコズ・キャリーエ?が代わりに乗り込んだ。
外観からおおよそ見当がつくように、カルカラ・ノートの改修機であるらしい。フロート(浮き)を装備しており、水地でも沈まずに行動ができるよう改造されている。