「スレイ・マーナの剣」と読む。太古の昔、〈聖者の仮面?〉が汚れた精神に触れて暴走しはじめたとき、仮面を制するために作られた2つの物品の1つ。魔力という物に対して絶対的な威力を持つ剣。
ちなみにもう1つは「器」と呼ばれるもので、〈聖者の仮面?〉を納めていた箱である。

参考:「剣の聖刻年代記7【白銀の戦神】」